◆ 鐘楼堂落成慶讃法要 富山県氷見市聞乗寺にて        住職 杉山徳成
 十一月三日、氷見市中田の浄土 真宗本願寺派聞乗寺で、報恩講満 座法要に引き続き、鐘楼堂落成慶 讃法要を勤めました。  氷見東組組内法中、親戚寺院住 職、門信徒、上尾聞乗寺門徒代表、 施工関係者が参列してこの度の勝 縁を祝いました。 聞乗寺の鐘楼堂は江戸末期一七六 〇(宝暦十)年に建立されました。 京都本願寺阿弥陀堂建立と同じ年 代になります。  梵鐘に刻まれている『響流十方』 という言葉は、「梵鐘の音色が皆に 響き、仏法の教えが十方に流れ、届 きますように…」という願いが込め られています。  梵鐘が奏でる重厚な音色は『お念 仏の鐘』として長年にわたり受け継 がれましたが、第二次世界大戦中の 昭和十七年十一月、戦争遂行の為に 供出されました。  村里に再び梵鐘の音が響き渡る ようになったのは昭和四十二年。 門信徒が懇念を結集し、銅製の梵 鐘が鋳造されました。  しかし近年築二百五十年以上を 経て鐘楼堂の老朽化が進み、専門 家の鑑定では維持は二〜三年とい う判断で、当寺門徒総代、責任役 員清水道郎氏、本願寺参与清水五 郎氏、役員総代が中心となって門 信徒に募財を呼び掛け、門信徒の 懇念が結実して、欅材使用の本瓦 葺の鐘楼堂が完成しました。  三日午後三時、法要に先立ち総 代六人が真新しい鐘楼堂につるされ た梵鐘の打ち始めを行った後、本 堂にて落成慶讃法要が営まれました。  法要後『ひみのはな』にて祝賀 会が開催されました。  来賓、北鹿渡氷見東組組長、上 尾聞乗寺門徒総代細井恭一氏より 祝辞、浄光寺白岩住職の乾杯によ り祝賀の宴に入り、「平成 二十一年に新門様をお迎えして宗 祖親鸞聖人七百五十回忌法要をお勤め させていただき、その新門様が今 年六月に本願寺二十五代門主に就 任された記念すべき年に、鐘楼堂 が落成され感慨無量です。宗祖の 拓かれたお念仏のみ教えと共に、 広く、深く伝わっていくことを念 じます。そのためにも皆さまと一 緒に寺門の興隆に努力を重ねてま いりたい」と謝辞を述べました。
 
◆ 退任に際しての消息
  本日、平成二十六年六月五日をもって、私は本願寺住職ならびに浄土真宗本願寺派門主を退任し、後を本願寺嗣法・新門に託すことにいたしました。
昭和五十二年四月一日、法統を継承して以来、三十七年二か月になります。至らぬことが多々あった中、今日まで務めることができましたのは、仏祖のご加護は申すまでもなく、宗門内外の方々のご支援、ご理解とご協力のお蔭であります。皆様に、心より感謝申し上げます。
この間、本願寺では、阿弥陀堂の修復、顕如上人四百回忌、蓮如上人五百回遠忌、御影堂の修復、宗祖聖人七百五十回大遠忌等のご縁を皆様とともにすることができました。さらに、北境内地を取得できたお蔭で、活動をより広く展開できるようになりました。また、宗門では基幹運動の推進とともに、さまざまの活動や事業がありました。世界各地にも、お念仏の輪が広がっています。それらを、巡教などによって身近に知り、御同朋の思いを確かめることができましたこと、まことに有り難く思います。
この三十七年間は勝如前門主の戦争を挟んだ激変の五十年に比べれば、やや穏やかとも言える時代でしたが、国内では大小の天災・人災が相次ぎ、経済価値が優先された結果、心の問題も深刻化しました。世界では、武力紛争、経済格差、気候変動、核物質の拡散など、深刻なあるいは人類の生存に関わる課題が露わになりました。その中で、心残りは、浄土真宗に生きる私たちが十分に力を発揮できたとは言えないことです。
私たちの宗門は、門信徒一人ひとりに、み教えが受け継がれるという素晴らしい伝統をもっています。これからも、社会の変動の中にあって、浄土真宗のみ教えや伝統にある多様な可能性を見つけ出し、各人、各世代、それぞれの個性と条件を活かし、特に若い世代の感性と実行力を尊重して、一人でも多くの方を朋とし、御同朋の社会をめざして歩むことができるよう願っております。
後を継ぎます新門主は、築地本願寺で五年九か月の間、副住職を務めて経験を積み見聞を広めています。今後は、法統を護るとともに、宗門全体を思い、広く宗教界を視野に入れて、務めることとなります。皆様の一層のご支援を願いいたします。
なお、私は、七十歳まであと一年余りとなりました。先のことは予測できませんが、阿弥陀如来の揺るぎない本願力の中に、宗祖聖人のみ教えを仰ぎ、浄土真宗の僧侶としての務めを、できる限り果たしたいと思っております。 平成二十六年 六月五日

龍谷門主 釋即如
 
◆  法統継承に際しての消息
 本日、私は先代門主の意に従い、法統を継承し、本願寺住職ならびに浄土真宗本願寺派門主に就任いたしました。
 ここに先代門主の長きにわたるご教導に深く感謝しますとともに、法統を継承した責任の重さを思い、能う限りの努力をいたす決意であります。
 釈尊の説き明かされた阿弥陀如来のご本願の救いは、七高僧の教えを承けた宗祖親鸞聖人によって、浄土真宗というご法義として明らかにされ、その後、歴代の宗主方を中心として、多くの方々に支えられ、現代まで伝えられてきました。その流れを受け継いで今ここに法統を継承し、未来に向けてご法義が伝えられていきますよう、力を尽くしたいと思います。
 宗門の過去をふりかえりますと、あるいは時代の常識に疑問を抱かなかったことによる対応、あるいは宗門を存続させるための苦渋の選択としての対応など、ご法義に順っていないと思える対応もなされてきました。このような過去に学び、時代の常識を無批判に受け入れることがないよう、また苦渋の選択が必要になる社会が再び到来しないよう、注意深く見極めていく必要があります。
 宗門の現況を考えます時、各寺院にご縁のある方々への伝道はもちろんのこと、寺院にご縁のない方々に対して、いかにはたらきかけていくのかを考えることも重要です。本願念仏のご法義は、時代や社会が変化しても変わることはありませんが、ご法義の伝え方は、その変化につれて変わっていかねばならないでしょう。現代という時代において、どのようにしてご法義を伝えていくのか、宗門の英知を結集する必要があります。
 また、現代のさまざまな問題にどのように取り組むのか、とりわけ、東日本大震災をはじめとする多くの被災地の復興をどのように支援していくのかなど、問題は山積しています。 「自信教人信」のお言葉をいただき、現代の苦悩をともに背負い、御同朋の社会をめざして皆様と歩んでまいりたいと思います。

 平成二十六年 六月六日        龍谷門主 釋専如

 六月五日、第二十四代即如ご門主が退任され、翌六日、専如さまが第二十五代ご門主に就任されました。即如ご門主は昭和五十二年に法統を継承されて以来、三十七年にわたり「門主」を務められました。(「ご消息」とはお手紙のこと。特に浄土真宗では、様々なご縁に際して、歴代の宗主が、そのおこころを広く伝えるために出される書簡をいいます。)
 
◆  報恩講開催報告

 二月十一日、毎年恒例であり、浄土真宗の門信徒にとって一番大切な、報恩講をお勤めいたしました。 報恩講は浄土真宗の開祖親鸞聖人のご命日を縁としてお勤めし、全国の真宗寺院では必ずと言っていいほど厳修されています。親鸞聖人に感謝し、そして、親鸞聖人によって顕かにされた阿弥陀如来のご本願をお聞かせいただきお参りいたしました。 十時より讃仏偈のお勤め、十時半よりやなせなな師による法話コンサート。心に訴えかける法話や歌声に涙を流される方が沢山。本堂中が感動の渦に包まれました。昼食は婦人会手作りの精進料理を美味しくいただき、茶道部による抹茶の接待や様々な趣味の展示を見学し、午後の部へ。 一時より落語。桂才紫さんの巧妙な語り、さすがプロです。今度は本堂中が笑いや笑顔で一杯になりました。その後婦人会員による仏教讃歌、参拝の方々と共に歌いました。 二時半より法要。埼玉組のご寺院様と一緒に正信念仏偈のお勤めをいたしました。 壮年会、婦人会、茶道部のなどたくさんの方々にお手伝いいただき、参拝者も多く、とても楽しく賑やかな報恩講でした。

 
◆  懇親旅行 坊守 杉山教子
 六月十三日、行田・熊谷方面への懇親旅行。心配したお天気にも恵まれ、お寺の車二台に分乗し総勢十六名いざ出発。
 車の中は、おしゃべりに花が咲き、子どもの遠足の様にお菓子が回る。同行した孫の湊ちゃん、遥ちゃんも皆のマスコットの様、旅中和やかにみんなを笑顔にさせてくれました。
 まずは行田のさきたま古墳公園散策。中でも丸墓山古墳は日本最大の円墳とのこと。頑張って頂上を目指す。忍城水攻めの際、石田三成が陣を張った所だそうで、行田の町、そして忍城も遠く望め、いにしえに思いをはせた事です 。
 次にその忍城へ。映画「のぼうの城」で有名になった城で、石田三成の水攻めにも耐え、戦国の世を生き抜いた名城だそうで、現在 は、博物館が併設されていました。
 お昼は、「足袋御殿」と呼ばれる料亭「彩々亭」で和牛懐石をいただき、縁あふれる庭園を散策後、 熊谷市の能護寺(あじさい寺)へ。 色とりどりに咲き乱れるあじさいは、鐘楼堂に映えとっても綺麗で した。
 最後に国宝に指定された歓喜院 聖天堂へ。日光東照宮を彷彿させ る本格的装飾建築で、彩色の美し さに目を見張り、熱心にご案内下 さるガイドさんの説明に聞き入っ たことです。
 「道の駅めぬま」で各々お土産 を調達し、全員元気で無事帰途へ。
 楽しく有意義な一日でした。

 
 
 
◆ 両親の法要を勤めさせて頂いて 役員門徒総代 清水 道郎
 六月一日、実父母の清水鎮治、はまの五十回忌、養父母の清水久之、千代の三十三回忌法要を勤めさせていただきました。
 所属寺聞乗寺様から生前兄幸郎が寄進させて頂いた阿弥陀如来様の絵像、実父母存命中の善知識であった本願寺二十二代御門主鏡如上人、養父母存命中の二十三代御門主勝如上人の絵像をお迎えし、聞乗寺住職と坊守、若院、妙願寺住職にお勤め頂きました。
 当日は、爽やかな初夏の気持ちいい日になり、長兄夫婦にも東京から来てもらい、親戚や氷見市中田の御縁のあった人達等四十五名の出席を頂いて、執り行いました。
 本来なら本家を継いだ兄幸郎が勤めるべきでしたが、平成二十一年七月にお浄土へ還りましたので、私達夫婦が施主を務めさせて頂く事になったのも不思議な御縁です
 。私の実父母は、熱心な浄土真宗の聞法者でありました。自宅へ当時布教伝道の第一人者と言われた大谷派の暁烏敏先生をお迎えして家庭法座を開設、近くの円照寺の本堂を会所として、氷見近郊の方々に念仏の相続をしておりました。又、開業医として地域医療に貢献し、趣味の短歌では、自宅を宿として、三十年以上も氷見短歌会のお世話をしました。
 養父母は、実子はありませんでしたが、教育熱心で地域の保育園、小学校には献身的に貢献しておりました。又、開業医としても女良の地区の人達の中心となって、色々お世話しておりました。
 私達夫婦は、宗教的に特別な関心はなく、専ら小児科開業医として医業に従事しておりましたが、平成二十一年に聞乗寺で親鸞聖人七百五十回忌が厳修され、住職から法要に御巡教で御来寺される新門様の御休憩宿を依頼されたことが、仏縁のお育てに気付かせて頂いた事になりました。
 平成二十一年六月七日に御来宅頂きました新門様が此の度、本願寺二十五代御門主に就任されました。更に、聞乗寺の鐘楼が新しく建て直されるこの記念すべき年に、実父母、養父母の法要を勤めさせて頂いた事は、不思議な御縁と思いますと共に、有難く嬉しく思う次第です。改めて、故人のあり日を偲び、現世に生きる幸せを感じ、阿弥陀如来様のみ教えを聞法し、更に念仏一途の人生を歩んで行こうと心を新たに致しております。
 
◆   鐘楼堂建立工事はじまる
 現鐘楼堂は、二百五十年前の建立で、柱、桁、天井は虫食い状況。 専門家の意見ではもって二,三年ということもあり、役員総代世話人が協議し、門徒総会にて承認いただきました。
 新しく建立すべきだという意見、撞かずの鐘楼堂として保全したらという意見もありましたが、新しく建立させていただく事となりました。
 発注先は株式会社若林仏具製作所(京都)、施工は亀山建設株式会社(岐阜県関市)に決定しました。
 昨年四月材料検査、今年六月商品検査に住職、総代清水五郎氏、同行丸山忠雄氏と亀山建設まで出向きました。市役所への建築確認の許可もいただき、六月二十四日より鐘楼堂の解体工事に入りました。 七月八日役員総代、同行、工事関係者による起工式。
 基礎工事、鐘楼堂の建立、鐘の洗浄修復を経て、今年の十月末までに完成いたします。
解体に立ち会い驚いたことは、屋根瓦下に蛇の巣があり、青大将(ヘビ)がいたことです。
廃材で利用できるものは、高欄、外陣仕切りなどに利用し記念に残したいと思っております。
 拙寺報恩講は、例年十一月五日六日厳修が恒例となっておりますが、今年は十一月三日(文化の日)に午前、午後の二座お勤めさせていただき、午後三時より鐘楼堂建立法要を修行し、門徒各位とお祝 いの懇親会を開催させていただきます。
 時の縁、地の縁、人の縁が成就しました。仏の加護、護持懇念にご尽力いただいたご先祖、宿縁にご協力いただいた門信徒各位に感謝申し上げます。
 
◆ 排水工事完成
 五月中旬、聞乗寺庫裡の裏庭、中庭の排水工事を清水興業さんが施工して下さり、白い石を敷き詰めこの度完成いたしました。
いつも大雨が降ると、水がスムーズに流れず、加賀藩御用庭師駒造作の大切なつつじの庭が、がけ崩れの危険性をはらみ心配して居りましたので、これで一安心です。
有難うございました。
 
 
◆  お盆法要
 お盆法要(魂迎法要)
日時・・八月七日 午前十時
講師・・住職
お斎・・一班
 多くのお参りをお待ちしております。
 
◆ お浄土へお還りのご門徒さん
丸山タケノさん 二月十六日
法名 釋住徳 行年七十八才
演歌の好きな母でした。
        長女 由加里

村中二三代さん 三月三日
法名 釋明恵 行年七十一才
よく尽くしてくれました
        夫  真次

鐘楼堂寄付祠堂懇志受納者
為、両親五十回忌、三十三回忌 法要祠堂
弐百五拾萬円也
施主 清水道郎 清子
五拾萬円也 施主 清水善郎

為、釋諦音 釋宝順
弐百萬円也 施主 清水五郎 香代

寄進
参拾萬円也 施主 山口武一

為、釋得忍
五拾萬円也 施主 清水義孝 みさ子 久代 石垣千代美

為、正念院釋幸順
参拾萬円也 施主 山口政司 上野ちい子 空佳司子

 
 
◆  親鸞聖人関東伝道800年慶讃法要
 六月二十九日、築地本願寺にて行われた法要に聞乗寺から、十四名参拝いたしました。
親鸞聖人は流罪が赦免となられた四十二才の頃、新潟より家族お揃いで関東の地にお越しになり、布教伝道されました。
それから八百年。その教えは関東の地に広がり、お念仏の花が咲いています。
第二十五代専如ご門主ご親修のもと、このご縁に恵まれましたこと有り難く尊いことでありました。

 
◆  仏教壮年会連盟 結成記念日研修会
 二月二十二日から一泊二日で鬼怒川観光ホテルで開催された研修会に聞乗寺から五名参加しました。
今回は十数年に一回、回ってくる埼玉組が担当ということもあり、聞乗寺副住職を始め、多くの埼玉組僧侶が事務方でお世話させていただきました。
関東各地より総勢三百名程の参加があり、ご講師を務められたみやざきホスピタルの宮崎幸枝さん、本願寺派布教使西原祐治師の公演に聞き入りました。
 
◆  永代経法要
   五月二十四日、永代経をお勤めいたしました。法要後住職による法話を聴聞いたしました。
永代経とは、亡きご先祖の遺徳を偲ぶ法要で、永代懇志をいただいた方のお名前を記載した掛け軸を本堂に掛け、又、当日ご自宅よりお持ちいただいた過去帖やお位牌を尊前に安置し、皆でお参りいたしました。
仏教のみ教えは、亡くなられた方への呪文ではありません。
今、尊いいのちをいただいている私が聞かせていただき、出遇わせていただくことが大事です。
今回も亡き先祖の尊いご縁により永代経をお勤めできました。有り難いことです。
 
◆ 花まつり

お釈迦さまの誕生日四月八日は 「はなまつり」。
最近は桜の開花が 早く、「はなまつり」の頃は散って しまっていますが、今年も、婦人 会と子ども会でお祝いしました。
お釈迦さま幼少期の花御堂に、 甘露にみたてた甘茶をかけ、自宅 より持ち寄ったたくさんの花々を をお供えし、お祝いしました。
「さくらちらちら♪さくらちらち らは〜なまつり〜♪」 一年振りの甘茶に「あまーい」 「楽しい」などの声も聞かれお寺 の本堂が明るい雰囲気になりました。
「お釈迦さまおめでとう」 「お釈迦さまありがとう」

 
◆ 平成二十六年度 上半期アラカルト

 
◆ 寺院よりのご案内
夏休みの子ども会
 【納涼報恩踊り(盆踊り)七月十九日(土)六時より 雨天時は翌日に順延
 聞乗寺門信徒による手作りの盆踊りです。
・設営等の準備の手伝い
・当日の出店手伝い
・翌日の片付けの手伝い
などご奉仕お手伝いいただける方募集中です。事前にご連絡下さい。どんなお手伝いでも助か
ります。
当日は、たくさんの出店はもちろんのこと、報恩踊り、親鸞音頭、太鼓の演奏、ピエロによる風船パフォーマンス、抽選会 などを行う予定です。楽しいひと時を家族お揃いでお過ごし下さい。
聞乗寺駐車場で行う為、お車でお越しの方は、むさしのグランドホテルの駐車場をご利用下さい。(台数に限りがあります)
たくさんのお越しをお待ちしています。

【バザーの品・抽選会の景品募集!
報恩踊りでバザーと抽選会を行います。
バザーの品(古着は除く)抽選会の景品のご協力お願いいたします。

【お盆自宅参拝について】

 八月のお盆期間中、ご自宅に伺います。 申し込みは七月末日まで。

八月十二日から十六日までご自宅でのお盆法要に伺います 。
たくさんのご家庭にお参りできるよう日時につきましては、各位のご希望に添えない場合もございますが、ご理解の程よろしくお願いします。
この期間以外でもご自宅に伺いますので、お気軽にお申込み下さい。


【氷見聞乗寺鐘楼堂参拝懇親旅行】
 聞乗寺は寺基が富山県氷見市にある寺院です。不思議なご縁によって、この埼玉県上尾市の地にお寺が建立されました。住職や坊守は、二か寺を護り、行き来している状況です。
今回鐘楼堂が新しくなることにあたり、完成記念法要を含む、北陸への懇親旅行を企画させていただきました。
まだ氷見市聞乗寺に訪れたことのない上尾市聞乗寺の門信徒の皆様方には、是非この機会にご参拝いただければと思います。
寺報同封のちらしをご参照いただき、お申込み下さい。

【壮年会・婦人会のメンバーになりませんか?】
お寺の行事に楽しみながら携わり、盛り上げ協力して下さる方を求めています。
新しい輪に入ることを躊躇される方、皆明るく迎えてくれますよ。
仏教の教え、浄土真宗のみ教え中心に友垣の輪(和)を作りました。
 
◆ 編集後記

 国の文化審議会は五月十六日、「本願寺阿弥陀堂」と「本願寺御影堂」を国宝として新規指定、「本願寺伝道院」を重要文化財(建造物)として新規指定、境内の建築群(阿弥陀堂門、御影堂門、経蔵、鼓楼、手水所、総門)を重要文化財の追加指定とすることを文部科学大臣に答申した。
この結果、官報告示を経て国宝、重要文化財に指定されることになる。
その他、以前からの建造物の国宝としては、唐門、飛雲閣、対面所(鴻の間)、雁の間、菊の間、雀の間、白書院、黒書院、北能舞台等々、名宝として、鏡の御影、一文字茶碗(織田信長より顕如上人(第十一代)に和睦の際に送られたと伝えられる)、三十六人家集が国宝に指定されている。
私たちのご本山にこれだけたくさんの国宝があることを、門信徒の皆様はご存じなのだろうか。
喜び誇りに思い、参拝いただければと思う。

(副住職)